平素より、ネオファースト生命に格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

世界中で猛威を振るっている「新型コロナウイルス感染症」によりお亡くなりになられた方々に対しまして、謹んで哀悼の意を表しますとともに、ご遺族の方々に心よりお悔やみ申し上げます。また、罹患された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。そして、治療にあたられている医療従事者の方々、私たちのライフラインを支えてくださっているすべての皆さまに対して、深く感謝申し上げます。

私たちは、生命保険会社としての責務である保険金・給付金のお支払いを滞りなく行うことはもちろん、保険料のお払込みの猶予や各種お手続きの簡素化といった特別取扱いを実施しております。引き続き、生命保険会社としての使命を着実に果たしていくことにより、社会・経済活動への貢献に取り組んでまいります。

今、世界はあらゆる分野において急速な勢いで変化しており、「新型コロナウイルス感染症」の世界規模での感染拡大によりその流れは更に加速したものと感じています。

また、お客さまのライフスタイルや価値観についても多様化が進み、お客さまの人生における「安心」や「幸せ」の形もさまざまとなってきており、当社としても、このような大きな環境変化に対して敏感に対応していく必要があると思っています。

私たちネオファースト生命は、このような経営環境の変化を踏まえ、自身の日常業務の全てにおいて徹底してお客さま目線に立ち、企業文化を根本から変革していかなければ、お客さまのご支持は得られない、との覚悟のもと、本年度より第三次中期経営計画をスタートさせ、併せて中長期ビジョン「Wellness~“もっと自分らしく”~を応援する。」を掲げました。

第三次中期経営計画の柱は、これまでの代理店等を通じた保険商品の提供によって、主に経済的なリスクに対する「安心」をお届けすることだけに留まらず、デジタル・トランスフォーメーション(DX)やビジネスモデルを進化させ、これまで接点を持てなかったようなお客さまともつながることで、よりたくさんのお客さまへ「安心」や「幸せ」、心身が充実した状態である「Wellness」を感じていただくように会社を進化させることです。

具体的には、時代の流れをいち早くとらえ、これまでの常識にとらわれることなく、“保険で健康になろう”という視点を入れた保険商品や、ヘルスケアを取り入れたサポートメニュー、最新のテクノロジーによるお手続きの仕組み、お客さまに寄り添った丁寧なお客さま対応など、あらゆるお客さまに、あらゆる接点において、機能的な価値に加えて、心理的・感情的な価値においてもお客さまの期待を超えたレベルの「顧客体験(=Customer Experience)」をご提供していくことで、新ビジョン「Wellness~“もっと自分らしく”~を応援する。」の実現を目指してまいります。

そして、新ビジョンに込めた会社の想いや姿勢や示すものとして「私たちの誓い」も、今般、策定しました。

この「私たちの誓い」を全社員の共通の価値観として持ち、お客さまの期待を超える「顧客体験」を感じていただくことにより、お客さまに信頼していただき、「利用して良かった」、「ネオファースト生命、いいね!」と思っていただけるよう、そして、お客さまの「Wellness」を応援することで、お客さまが毎日を「もっと自分らしく」過ごせるよう、従業員一丸となり取り組んでまいります。

今後とも、さらなるご支援、お引立てを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年7月

ネオファースト生命保険株式会社 代表取締役社長 徳岡裕士